男性

アメリカでネット環境に困った時の対処法|格安のレンタルwifi

引越し先でも利用する場合

説明

移転や工事予約の手続き

インターネットサービスは、移転手続きを行うことで、引越し先でも継続して利用することが可能となります。もちろん引越し先が、契約中の回線事業者の管轄となっている場合に限ります。というのも、インターネットは多くの場合、電柱などに通してある光ファイバーケーブルと通信機器との接続によって利用することになるからです。管轄外では、その光ファイバーケーブル自体がないので、移転手続きができないわけです。管轄内となっている場合、移転手続きは基本的には、回線事業者に氏名や現在の住所、そして新しい住所や引越し予定日を伝えるだけで済みます。その後引越し先で回線事業者による開通工事がおこなわれるのですが、それが終わればインターネットを利用できるようになるのです。開通工事では、まずは電柱などから光ファイバーケーブルを建物の中に引き込みます。その後、それを通信機器と接続するのです。建物によっては、既に光ファイバーケーブルが引き込まれていることもあり、その場合は開通工事は、通信機器との接続のみで済みます。いずれの開通工事も予約制となっているので、移転手続きの際には予約手続きも必要となります。3月など引越しが多い時期には、開通工事の件数も多めとなることから、予約日が2〜3週間後となることもあります。そのため引越し後に早めにインターネットを利用したいという場合には、移転手続きおよび予約手続きも早めにおこなっておくことが肝心となります。逆に言えば、早めに手続きをすれば、引越し当日のインターネットの利用も可能になるということです。