男性

アメリカでネット環境に困った時の対処法|格安のレンタルwifi

固定電話に必要な権利

携帯

権利を売買することが可能

携帯電話が誕生するまでは、家庭の電話は全て固定電話だったのです。電話を引く時にはNTTに申し込んで回線を引いてもらっていたのです。その時に発生したのが電話加入権です。固定電話を引く時にはNTTから電話加入権を購入することになっていたのです。なぜ電話加入権が必要だったのかというと、電話を全国に普及するために電信柱や電話回線を拡充させる必要があり、そのための資金にするためだったのです。電話加入権があればすぐに電話回線を引いてもらえるので、急いでいる人は電話加入権を購入することになります。また携帯電話の普及で固定電話が必要ない場合、電話加入権を売ることもできるのです。携帯電話が普及してからは、電話加入権の価値も下がってしまったので安い金額でしか売れないのです。しかし昔は電話加入権も資産の一部と見なされるほど、価値があったのです。その後、携帯電話の誕生によって固定電話のメリットは減少していますが、ファイナンスを利用する時などには固定電話が必要になります。なぜかというと固定電話番号があるということは、居場所の特定につながるからです。そのため固定電話を引いておいた方が信用度が高くなるのです。今のNTTでは電話加入権ではなく、ライトプランという名前のシステムを導入しています。これは毎月の基本料金に640円を上乗せすれば固定電話を引けるというサービスです。それ以前では72000円で電話加入権を買う必要があったのです。